12日目 Montreal〜Toronto

10月5日(月)晴れ Fine

VIAtrain今日は 移動日。まだ外は真っ暗な中、タクシーで街中のVia Rail駅へ。Via Railはカナダ版のAmtrakみたいな鉄道だ。朝6時というのに駅は乗客で溢れている。その中でも目につくのが日本人団体旅行客の一団。同じ列車に乗るらしい。モントリオールでは何故か日本人の集団をよく見かけた。人気のツアー地なのだろうか?

荷物を預けた後で、指定の車両へ向かう。VIAseat中へ入ると飛行機よりもはるかにゆったりとしており、Amtrakよりも広く感じる。新聞を読んでいると6時半にスーッと出発。何も言わないので、静かすぎて気がつかないほどだ。列車が進むと共に次第に夜が明けて明るくなってくる。街を越えると平地の中に自然が広がる。原野と呼ぶのが相応しい手入れのされていない野原と林とが交互に続く。

どうも海外の長距離列車に乗ると、「世界の車窓から」のテーマソングとともに石丸謙二郎のナレーションが勝手に頭の中で流れ出してしまうようだ。NY〜ボストンの時もそうだった。今朝は「♬ 世界の車窓から ♪ 今日は、モントリオールからトロントに向かいます...」といった具合だ。似たような景色がひたすら続くとは言え、この季節は緑をベースに黄緑、黄色、橙色、赤の絵の具をひっくり返したような、木々の色が鮮やかな風景である。湖のほとりを走りながら左手に朝日が昇る姿がよく映える。

トロントまでの途中4〜5回停車した。いずれの駅も街のある所とはいえ、無人駅に毛の生えた程度の簡素な駅舎である。5時間の旅というものの、本を読んで景色を眺めているとあっという間に過ぎる。トロント駅に着くと飛行機と同様、ベルトコンベヤーで預けた荷物を拾うようになっている。鉄道駅では初めての経験で、新鮮だ。

タクシーで宿に向かう。街中には既存の高層ビルと共に建設中のビルが幾つも見られる。建物は割と新しいものが多いようだ。都心よりも空港に近い宿を選んだため、10キロ強と少々距離がある。幸い、宿のすぐ近くにショッピングモールをはじめお店がたくさんあるのは便利だ。そのモール内の「EDO」というなんちゃって日本食で昼食。従業員も中国人で、江戸の香りは全くなし。

スーパーによって宿に帰る。今日は移動日なので特に活動はせず。明日から短いToronto生活を楽しもう!

TorontoNight

Advertisements

2 Responses

  1. カナダは寒そうだね。

    アリーの体調はどうかな?

    葛根湯は風邪かな?と思ったら、早めに飲むと効くよ。

    アリーが写っている電車の写真、
    シートが立派よね〜、座り心地良さそう♪

    日本は台風が接近中。

    伊勢湾台風と類似のコースを辿ると報道されています。

    トロントの滞在を終えると、もう一度アメリカだよね。

    くれぐれも、みんなによろしくね。

  2. おかげさまで体調は良くなりました。
    台風は心配だね。どうしようもないけど、気をつけて備えてください。
    OZも気をつけて楽しんで。

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: