13日目 Toronto / Niagara Falls

10月6日(火)曇り時々晴れのち雨

宿から最寄りの地下鉄まで約6km。バスがあるが、ウォーミングアップをかねて歩き出す。住宅街や団地、平屋建ての個人店、更にはスーパーの集積したショッピングアーケードなどを横目にひたすら歩く。のっけから1時間の運動となった。

We walked to the subway station in the morning. It was about 6km and took us an hour. Good warm up exercise, wasn’t it?

CNtowerReflectionようやく電車(地下鉄)の駅を発見。1Day passを購入。Montrealでもそうだが、カナダの1Day passはスクラッチカードのようで、当該月と日にちを削ってゲートの係員に見せて通るようになっている。インスタント宝くじによく似ている。13もの駅に停車しながら中央のUnion駅へ到着するも、10時43分の電車はすでに発車しており、次の便は2時間後。時間があるので街を散策。トロントの目印 CN Towerを中心に、周辺には高層ビルが建ち並ぶビジネス街が広がる。路面電車も走っており、懐かしい感じがする。街は整然としているが、タバコを吸う人が目につく。Montrealでも同じだったが、カナダでは煙草を吸う人が多いようだ。若者をはじめ、くわえ煙草をして歩いている人をよく見かける。カナダの街にタバコ姿はよく似合うと言えなくもないが、タバコ(煙)嫌いな自分にとっては「こっちに近づいてくれるな」という思いで煙をよけながら歩く。

1 day pass in Canada looks like an instant lottery scratch card. You scratch off the month and a date that you will use the pass. We missed the train and walked around central Toronto. I noticed many people smoking while they walk in Toronto as well as Montreal. It’s OK to smoke but I hate it when they smoke close to me because I don’t like smoke.

1時間半の散策後、一路ナイアガラを目指す。ナイアガラ直行のVIA Railもあることはあるのだが、一日に往復1本しか出ておらず、GOという緑の電車で出発。Double decker式の二階建て車両の2階に席取り約1時間乗ってBurlingtonへ。そこでバスに乗り換えること70分。午後3時にようやくVIA Railのナイアガラ駅へ到着。何度かバス停で停車するとは言え、高速道路を飛ばして70分はかなり遠い。また、ナイアガラ駅と言ってもそこから滝までは更に数キロあるという。駅の売店のおばちゃんに尋ねると歩いて45分ほどとのこと。歩いてもいっかと話をしていた所、Aliがトイレに行った間に同じバスに乗っていたカップルがタクシーに相乗りしないかと話しかけて来る。時間の節約にもなるしOKということで相乗りして展望台へ。このカップルはトロント在住らしいが、男性の方は子供の頃来て以来2度目とのこと。世界どこでも近くに住んでいるとそんなものらしい。いつでも行けると思うから。一方、女性の方は他の友達と今年の3月に来たばかりで、その時は滝が氷柱(つらら)状になっていて面白かったそうだ。NiagaraFall

NiagaraVisitorsタクシーで10分もかからずに人混みが見えてくる。その向こうには滝の姿がちらっと見える。タクシーを降りて相乗り仲間と別れたあと、一目散に展望台へ。展望台といっても遊歩道という感じで、歩きながら色んな角度から滝が楽しめるようになっている。滝のあるアメリカ側にも観光客がたくさんいるようだが、滝の真横からでは傍まで行けるものの、全体を見渡すのは難しいだろう。その意味では滝全体が見渡せるカナダ側からの方が見晴らしが良いと言える。NiagaraFallcloseup

We got to Niagara safely and started to take a lot of pictures. The view of the Fall from Canada is better than from America because you can see the whole scenic view from the Canadian side.

以前から滝は大好きだ。日本国内でも知床のカムイワッカの滝、オシンコシンの滝、紀伊半島の那智の滝、前原の白糸の滝や地元近くでは英彦山そばの犀川・蛇渕(じゃぶち)の滝などなど記憶に残るものが多い。いずれも繊細で神々しく美しい滝ばかりだが、ナイアガラの滝は違った意味で素晴らしい。とにかくでかく、滝幅が広い。まさに瀑布という言葉が相応しく、「さすが世界一有名な滝」と頷かざるを得ないほど迫力がある。

Japan has so many falls all over the country because our land mainly consists of mountains. Hence I saw many beautiful falls in Japan, but Niagara fall is completely different in terms of size. It’s spectacular. Gigantic.

NiagaraFall2今でこそ観光地となって周辺が整備されているが、初めてこの滝を見つけた人間はどんな反応を見せただろうかと想像してしまう。誰かに伝えなくてはいられない衝動に駆られ、さぞかし興奮したことだろう。ここでも、アメリカ、カナダの広大さ、バカでかさを体感する。

There are many tourists as you can imagine and this area is maintained well. I wondered what the reaction must have been of the human being who found this huge fall for the first time. It’s just huge and great.

世界一の滝には当然、観光客も多い。予想通り日本人団体旅行客はここでもガイドの説明とともに大移動しているが、他にも中国人や韓国人の団体客も目につく。その中でも目立つのがユダヤ人の家族連れだ。ユダヤ人の特徴である黒い服装に身を包み男性は黒帽子をかぶっている。家族皆が黒服なので葬式の帰りのような出で立ちだ。それが一組ではなく何組も見られる。たまたまなのか連れ立って観光に来たのかは定かでない。NiagaraRightFall

向かって左側から歩き始め、右側の滝に向かって進むにつれて水しぶきが大きくなり、雨が降った後のように地面が濡れている。NiagaraWetPeople地面のみならず霧雨のように全身に細かい水滴が溢れだす。カメラのレンズも例外ではない。2時間ほど歩きながら角度を変えてシャッターを押しまくり、あっという間に100枚以上撮ってしまう。自分のカメラの電池が切れた所で滝を後に、ナイアガラ駅まで歩いて戻る。

As you walk from left to right, the mist gets thicker and you get wet from top to bottom. Be prepared especially if you are using a nice camera!

帰りのバスが発車すると雨が降り出す。電車に乗り換える頃には辺りも真っ暗になり、雨が降り続く。地下鉄、バスを経由して9時過ぎに宿に帰り着く。Niagaraと言えばToronto!というイメージがあるが、結構遠いので行く時は時間の余裕が必要である。それでも、印象の強い滝であることには違いないので機会があれば一生のうちに一度は行くことをお勧めします。

Started raining on our way back. It takes a long time to get there but I recommend you to visit this impressive Fall at least once in your life!

NiagaraFall3

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: