55日目 Christchurch 散策

11月17日(火)晴れ  Fine

Christchurchの街を散策。昨日とは変わって人通りが多く賑やかである。大聖堂スクエアを経て Victoria Square へとやって来る。花壇にはカラフルな花が整然と植えられ芝生に木々と緑が広がる。スクエアにはVictoria女王とCaptain James Cookの銅像がそびえる。Avon川にも接しているためそのまま川沿いに上流へと歩いて行く。お昼時ということもあってか、ビジネスマンをはじめ市民や観光客が川沿いでランチを楽しんでいる。南極点初到達を競い、帰路に遭難した Captain Scott の像を過ぎ、追憶の橋(Bridge of Remembrance /第1次世界大戦の従軍兵を見送る際に兵士達が行進をし世界各地の戦場へと旅立つ際に渡った橋)まで来た所でお昼を買って川沿いのベンチで休憩。天気も良く日差しが気持ちよい。

その後もAvon川のほとりを歩いてゆくと巨大なHagley公園へとつながっている。川ではPanting(川下り)やカヌーを楽しむ人も時折みられ、静かでのんびりとしている。川の水は透き通りカモやアヒルが泳いでいる。公園内には他にも鳥が多くやって来ては飛んで行く。

写真に夢中になっているといつの間にか公園内に広がる植物園へとやって来たようだ。公園の一部となっているのでどこからどこまでかはよく分からない。手入れがされた植物園には色んな種類の花や植物が美しく咲いている。高い木々が至る所にそびえると共に温室もあり、花のみならずサボテン室、熱帯植物など種類が豊富である。温室の前にはバラ園が広がる。Hedge(生け垣)で円形に囲まれた中には様々な種類、色のバラが咲き乱れている。
バラ好きなAliと自分は時間を忘れてその香りと写真に夢中になる。香りも種類により異なるが、自分は Double Delight という白と赤の交配種の甘い香りが一番気に入った。気がつくと優に1時間以上はバラ園内を行ったり来たり。バラ園を過ぎてからも種々の花が並んだ花壇が続く。ガイドツアーも行われているらしく、年配の方々がガイドの説明を熱心に聞きながらゆっくりと歩いている。そのまま公園を後にするが、中心部の大聖堂スクエアまで3ブロックほどとかなり近い。

明日からのレンタカーを借りたあと郊外のスーパーまで歩く。早めに宿へ帰り洗濯など明日の出発準備。昨日に続きサウナで汗を流し一日を終える。Christchurchはきれいな街で、第一印象の通り気に入った。

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: