65日目 Cairns 〜 Palm Cove

11月27日(金)晴れ

昨日は昼寝をしたのに夜もよく眠れた。疲れていたのだろう。

本日はCairnsの北、ビーチエリアに位置する Palm Cove へと移動。リゾートホテルが連なり、ビーチリゾートとして人気があるらしい。Cairnsでの宿近くのバス停から公共のバスに乗って移動する。運転手の女性は乗り降りする人に毎回挨拶する、気さくで優しい人である。バス停が近づくと「どこどこに行きたい人は次で降りてください」とご丁寧に案内してくれる。幹線沿いでなければ頼んだ所で自由に降ろしてくれるらしい。40分ほどバスに揺られて Palm Cove へやって来ると「Mango Lagoonで降りる人はいますか?」と気を利かせて案内してくれた。ありがたい。

まだ午前11時と早い時間だが、受付は忙しい風でもなく確認してチェックインさせてくれる。長い敷地の受付から一番遠い端の建物を宛てがわれ、しばらくスーツケースを転がして部屋に到着。アパート形式の建物の2階の一室である。早速ビーチへと歩いて行く。ビーチまでは歩いて5分と少し離れているが大した距離ではない。海の水は濁っており、あまりきれいとは言えないが、長いビーチは美しい。水と食糧を調達して宿へと帰る。

今回の宿はビーチに面していないとはいうものの、敷地内に4つもプールがある。プールを囲むように宿泊建物が並んでいるが、客はそれほど多くないようで泳ぐ人はほとんどいない。うちの部屋から一番近く、かつ一番長いプールで泳ぐ。このプールは幅は3レーン分なのに対して長さがやたらと長い。50メートル以上もあるほどの長さで、長距離の水泳トレーニングにも十分使えそうな立派さである。

NZのQueenstownでのプールの水温の冷たさとは対照的に、こちらの水は温かい。水は塩っぱいことから海水だと思われるが、片方の端は小さな滝のように上から水が流れ落ちているのが涼しげである。

何往復か泳いだ後、プールサイドで本を読む。夕方になって水に浸かりに他のカップルがやって来るが、ほぼ貸し切り状態だった。

暑さと泳いだあとの筋肉痛で適度に疲れ、心地よい。熱帯雨林に囲まれているせいか蟻などの小さな虫が多いが、椰子やマンゴーの木をはじめとした熱帯植物と併せて南国の雰囲気がよく味わえる。実がたわわに実ったマンゴーの木の下に「マンゴーの落下に注意」という注意書きが添えられているのが珍しくて面白い。

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: