46日目&47日目 Hawaii 〜 Fiji 〜 New Zealand

11月8日(日)/9日(月) 晴れ

昨晩頼んでおいたタクシーに乗り遅れないためにも、少し早めの5時半過ぎにロビーへ降りてくる。チェックアウトを済ませ、6時になるのを待っていると10分ほど早めに中国系のおじさんがやって来る。下の道路に車を止めているらしく後についていくとそこには真っ白のながーい車が。リムジンである。リムジンを頼んだ覚えはないが、自分たちの部屋番号を確認したおじさんなのでタクシーに間違いない。Aliも自分もリムジンに乗るのは初めてだが、何とも豪華な内装の車だ。長いソファーの向かい側にテレビとウィスキーのボトルが並んでおり、動くリビングルームという感じである。運転席からかなり離れた後部座席に二人で並んで座り、空港までの30分弱の早朝ドライブを楽しんだ。

ホノルル空港では待つ事なくチェックイン、入管を通過。併し、肝心のフライト自体が大幅に遅れている様子。ゲートまでもしばらく入れず、近くで待っていたが吹き抜けになっているので飛行機もガラス越しでなく直接見る事ができ、開放的である。そう言えばホテルのロビーも外から吹き抜けになって開放的だった。それでも蚊などの小さな虫が押しかけて来ないのは驚きだ。

2時間以上待った後、ようやく搭乗開始。席はエコノミーの一番前列だが、この便の客は少なめで、後ろの方は空席が目立つ。7時間のフライトで飛行機はFijiのNadi空港へやって来る。濃紺の海の上をひたすら飛んで来たが、島が見えるとその周辺はエメラルド色の海岸が広がりきれいだ。ようやく着いたと思うと滑走路に着陸する寸前に飛行機は急浮上。左に大きく旋回して再び雲の上に飛んでゆく。彼方に見える空港には次の飛行機が着陸する姿が小さく見える。10分ほど近くの空を旋回して先ほどとは違い海の方向から空港に着陸。パイロットは「着陸寸前に風向きが変わったため」と後になって最初の着陸についてアナウンス。本当の理由は定かではないが、小さな空港の滑走路が短いのは素人目にも明らかなので、その辺が最初の着陸を断念した理由ではないかと思われる。Nadi airport

乗り継ぎのためにFijiのNadi空港へ降り立つも、予定時刻よりも1時間も遅れている。次の便の予定出発時刻はちょうど過ぎた所だが、次の便も1時間ほど遅れて出るらしい。Fijiは暑く、空港では扇風機を回している。小さな空港内には多くの客が出発を待っているが、お店の従業員は扇風機に近寄りおしゃべりをして暇そうに見える。のんびりしているようだ。

Air Pacific at Nadi到着して約一時間して乗り継ぎ便へ搭乗。Gate3を通って行くとそこには先ほど自分たちがホノルルから乗って来た飛行機が。やっぱりね~、という感じ。

違うのは今度の便は自分たちの席が後ろの方である事と満席であると言う事。いいニュースとしては飛行時間が半分程度ということか。だが世の中そんなに甘くはない。今度の便には子供連れ、それも赤ん坊連れが多い。自分たちの前の列に座った母親が抱く赤ん坊は飛行機が飛び立つ前からエンジン全開の泣きっぷりである。この小さな体のどこにエネルギーがあるのかと不思議になるくらい大きな泣き声で泣き続け、飛行開始30分くらいして泣き止んだかと思うと、その後も断続的に泣き続けた。Aliによると困った母親も途方にくれ涙を流していたらしい。自分の前に座った赤ん坊の兄と思しい男の子も時々奇声を発し、更にシート上で暴れるので甚だ迷惑であった。

到着が近づきニュージーランドの島が見えるとそこには緑の大地が青々と広がっている。きれいな景色だ。今回は一度で無事に到着。長い飛行機での移動の旅もようやく終える。Auckland空港でも当然の事ながら入管を通るが、敷居が低く係員もフレンドリーで難しい事を言わず、スムーズに通過。スーツケースもタイミングよく現れ、全く待つ事がなかった。前々から是非来てみたかったこの国は端から好印象だ。外に出る前、荷物全てにX線検査をするのは初めてだったが、動植物を始め税関での検査は細かく行うようだ。

空港からは相乗りのシャトルバスでホテルへ向かう。荷物を車の後ろに括り付けたトレーラーに入れて引っ張っていくのは珍しい。8時頃空港を後にしたが、外がまだ明るいのも北半球とは違うなぁ、という感想。そうだ、南半球に来たのは生まれて初めてだ!

ホテルは街の中心部にあり、便利のいい立地である。早速スーパーを求め、食料を調達して帰る。Aucklandの街中は新しい建物が多く、きれいな街並である。

今日は日付変更線を越えたため、8日朝にホノルルを出発したのがNZに着くと9日夜になってしまった。飛行時間と到着時刻からすると同日という感覚しかないのに、丸々一日消えた計算になる。日付とは便宜的なもとはいえ妙な感覚だ。我々の一日はいったい何処へ???

Day 46 & 47 – Fiji / New Zealand

Got up at 4am and had a light breakfast before catching a taxi to Honolulu airport – I say taxi…it was actually a stretch limousine!! We like to travel in style you know… (^^)>

We were at the airport in plenty of time to begin with and the check-in was very quick and smooth. Security was also a breeze…I suppose because it was still early and ours was one of the first flights out. At least it was meant to be!! Our flight was actually delayed – we were meant to fly at 8:10am but it was delayed until 8:45am, so we still had about 2 hours to go!!  We waited for our flight in the open-plan airport lounge….when I say open-plan I literally mean open-plan…i.e. there were no glass windows – just open air!!

I spotted some interesting signs at the Honolulu Airport restrooms….Hawaiian style!!

WomenSign MenSign

Today’s flight to New Zealand was in two parts: first we had to fly 6 hours to Nadi in Fiji, then from there we had a 3 hour flight to Auckland, New Zealand. We were a bit worried because by the time we had left Honolulu, we had basically already missed our flight to New Zealand…

The flight was fairly smooth, but we had another one of those daredevil landings…where you almost land and then you take off again at the speed of light and at an angle of what feels like 60 degrees!! Apparently there had been a sudden change in wind direction according to the captain….Seio and I think he came in too quick and that the runway was so short that we wouldn’t have been able to stop in time… Who knows? When we were back in the air again, we didn’t see another plane come in to land quite quickly after us, so I also have the feeling that Fijian air traffic control may have been ‘texting’ or doing something else distracting??

It was like being on a rollercoaster ride again … and you know how much Seio and I love those right??

Anyway, take 2 was better and we were finally back on terra firma…albeit right at the very very end of the runway by the rough uncut grass!! I think our short runway theory may have been right after all!!

It was 2:03pm the following day (because we had crossed the international date line!!) when we landed…and our next flight was at 1:10pm….We were wondering if we would now have to wait for a later flight but we needn’t have worried…. The plane we flew in on to Nadi would actually be our plane to Auckland as well!! In fact we really needn’t have gotten off the plane at all, just changed our seats! having said that, it was quite nice to stretch our legs a bit after the 6 hour flight and ‘Thunderbirds-style’ landing (^^)>

OurPlane

FijiDutyFreeAfter an hour waiting in the Nadi airport duty free lounge (I’m sure that’s one of the reasons they make you get off the plane…to spend money!!) we were called to re-board the plane for our next flight. Our seats the first time around had been at the front of the plane, whereas this time they were at the back….The crew had also changed as well. Our ‘seat neighbors’ had also been swapped from a hairy surfer dude and a coughing and spluttering middle-aged yoga instructor to the family from hell. A 1 year old screaming baby and an ADHD 4 year old boy would be our neighbors for the NZ flight…..Most people had their headphones on, but you could still hear the shrieks <(><)> I did feel sorry for the mother who started crying herself at one point – I think in sheer despair!

Never mind – the landing at Auckland was fine although we did bounce along the runway a couple of times! The time was about 7pm, all that was left to do today was to get safely through customs and on to our next hotel. NZ customs is very strict and requires you to declare anything you have in your possession from food to hiking boots – BioSecurity they call it! I declared my cereal and raisins…but was allowed through with no problems (^^)v You also have to put your bags through X-Ray once more before you leave the airport….so you really need to be honest with what you declare!

After leaving customs and going through to the Arrivals Lounge, we headed straight to the ATM to get some NZ Dollars out.

Armed with currency we headed for the shared-shuttle bus, where a nice little Chinese man put our suitcases into a trailer for us. We got onto the bus with two german backpackers and a local boy and headed off for our downtown hotel.

After seeing the ‘hole’ where the backpackers were staying, we felt like our hotel had the look of a 5 star lodgings when we pulled up outside…We weren’t disappointed either. Our room was both clean and modern with a large bay window. The view from the 4th floor isn’t too bad either.

As usual when we arrive somewhere new, our first point of call is the local supermarket – in Auckland this was a place called ‘Countdown’. The store is more like one you would find in the UK, they even have a dedicated gluten-free section – needless to say I went a bit mad and bought quite a lot….much to Seio’s dismay!!  Hey – it had been a long day (^^)v

45日目 Hawaii / Waikiki

11月7日(土)晴れ

ハワイ5日目、最終日の今日はゆっくりと過ごす。

Waikiki BeachABC Store で買い物をして大きな荷物を日英にそれぞれ送ったあと、一度ホテルに戻ってビーチへと向かう。ワイキキビーチには毎日のようにやって来たが泳いではいなかったので、海へ入ってみる。よく陽の照った今日は海水浴やサーフィンを楽しむ人が多く賑わっているが、ビーチの砂は焼けるように熱い。海で泳いだ後、少しの間砂浜に座っていたがやっぱり暑いのでホテルに帰ってプールで泳ぐ。プールサイドで音楽を聴きながらくつろいでいると、夕方になって隣にやって来たおじさんとおばさんのカップルがAliと何やら楽しそうに話している。Aliが自分の事を話しているらしいのでイヤホンをはずして話を聞いてみると、イギリスからの旅行者らしい。何でも我々の住む隣の郡からやって来たらしく、我々の街も知っていた。世の中狭いもんです。

ハワイでは日本、中国、韓国などのアジア諸国やアメリカ本土からの観光客は多いが、距離的な理由もあってかヨーロッパからの客の割合は少ないようだ。とは言え、このご夫妻は余程ハワイが気に入っているらしく、20年くらいの間に16回も訪れているという。ほぼ毎年の計算である。プールの大きなこのホテルが気に入っているらしく、ここ数年は毎回利用しているとの事。まだ明るいうちに友人と夕食の予定があると腰を上げたが、「他の島にもいい所がたくさんあるから是非また来るといいよ!」とハワイを熱心にお奨めして去っていった。

夕日が沈む頃、昼間のビーチへまた行くとフラダンスショーが行われている。このショーは無料で、ビーチには大きな人の群れができている。観客に加わり30分ほど楽しませてもらう。全体で1時間程のショーらしいが、ちょうど辺りが暗くなる頃に終了。毎日通ったスーパー Food Pantry に最後に寄って帰る。Waikiki night

冬でも暖かく、日系人と日本語、日本食などの全て揃ったハワイが日本人に人気の理由が良くわかる。「芸能人はハワイが好き!」というのも。イギリス人夫妻の言う通り他の島に訪れるためにも、是非またやって来たいハワイ諸島である。Ali Lei

Day 45 – Hawaii

Today was our last day in Hawaii. We decided to spend the morning doing some souvenir / Xmas pressie shopping and so headed off to the local stores with lots of money. Once we got everything we needed, we made a bee-line for the nearest post office and sent two packages off – one to Japan and one to the UK.

SurfsUpAfter our shopping trip, we headed back to the hotel for some lunch, and then went off to Waikiki beach for a last dip in the sea. A very salty, but very clear sea with nice clean beaches. We dried off pretty quickly underneath the strong sun and then headed back to the hotel and made a beeline for the hotel pool. We had a nice little swim and also met some people from Essex who use Autoglym products!! It’s a small world (^^)v

WaikikiBeachViewIn the evening we headed back down to Waikiki beach to see a free hula show – this time it was mainly young children who were dancing…but they were so good!!

On the way back to the hotel we bought Seio a nice Aloha shirt as a souvenir of our stay in Hawaii…

Back at the hotel it was packing time yet again…the time seems to go so fast!!! We have nevertheless put Hawaii on our ‘definitely visit again’ list and would recommend it to anyone who hasn’t yet been (^^)v

44日目 Hawaii / Polynesian Cultural Center

11月6日(金)晴れ

本日は昨日チケットを買ったPolynesia Cultural Center へ。 Hyatt Regency 前を10時20分発のバスに間に合うよう宿をでる。宿からほんの3分ほどの近さだがPCC行きの同じようなバスが並んでいるのでどのバスか混乱してしまう。

無事に乗り込んで1時間半ほどのバスライドで目的地へ。道中サモア出身の大男Kenのガイドによる休むことない話と美しい景色のおかげで、さして長くも感じることなく開園の12時にちょうど間に合うように到着。先ほどのKenは園内の個人ガイドもやっているらしく、「数ある案内人の中でも一番声が大きく知識豊富な私についてくれば必ずガイド代を無駄にはさせませんよ!」とバスを降りる前にその饒舌で客を募っている。

声の大きさと経験の豊富さは間違いなさそうだが、自分たちのペースで好きなところを気楽に観て回ろうとガイドツアーには参加せず。昨日ミサコさんが教えてくれたお勧めイベントを中心に観て回る。

PCCはその名が示すとおりポリネシアの島々の文化をテーマにした大きな村で、敷地の中には各島の名を冠したIsland(=村)が作られている。各村ではその土地土地の生活様式の展示とともに舞台がもうけられており、1.5~2時間おきにイベントが行われる。各村同士は隣あっており、一つのショーを観終えると近くの好きな場所に移動しながら園内を渡り歩くことが出来る。一つのショーは30分前後で、うまく組み合わせればかなり多くを観ることが出来る。

Fire - hiまずは入り口近くのSamoaで昼食を兼ねて木陰で休憩。すると食べ終える頃にちょうどショーが始まり、そのまま鑑賞。ここでMCをしているおじさんが面白い。背は低く色が黒くて鍛えられた体を持ったこのおじさんは、まさに今朝現地の島からやってきましたという風体ではあるが、ボソボソとつぶやくようなしゃべりはラスベガスで観たショー”V”の司会者のそれとよく似ている。音楽や踊りのあとにココナッツを割ってミルクを絞るという一連の作業をコミカルな語りに合わせて実演してみせるが、その手際の良さは見事だ。各地からやってくる客に合わせて単語をいろんな国の言葉で覚えているらしく、「火」や「石」などのコトバを各国の言語でいいながら実際に木の道具で火をおこしてみせる。一つ一つの作業に笑いを織り交ぜているところがかなりの芸達者である。

サモアを十分に楽しませてもらったあとは、隣のAotearoa (New Zealand)へ移動。NZから持ってきて建てられたというマオリ族の建物がそびえ、庭の前で客を迎え入れる儀式から始める。建物内に移動すると舞台に男女3人ずつが大声で歌いながら踊りを披露する。サモアに比べてNZのみなさんはまじめで誠実そうな人が多いが、腹の底から大地を揺るがすような歌声とテンポの速い踊りはこちらも素晴らしい。NZラグビーチームの試合前で有名な戦闘の踊り、Hakaも披露。建物からもその歌や踊りからも「神に捧げる」という感じがよく伝わってくる。

NZを観終えると、橋を渡ってTongaへとやってくる。ここでは太鼓を使ったパフォーマンスがメイン。男性客を3人舞台へ招き、トンガ人の演技者の見本を真似るよう要求。一人ずつ演じさせる。太鼓パフォーマンスはさることながら、節々で叫ぶ大きな奇声を真似るのはちょっと気恥ずかしく、難しい。オーストラリアとテキサスから来た男達はそれぞれ何とか真似ていたが、今日は敷地内で最も多く見られる韓国人客の集団の中から選ばれた3人目の男は「ウォー」と叫ぶ声が高く裏返り、それが大いに受けていた。

続いてFijiへと行くとちょうど建物内で何やらイベントを始める所。中に入ると竹を伐って作った杖のような棒を客が一つずつ手にもち、リズムに合わせて床を打ち鳴らす。音楽と歌に合わせて打ち鳴らすと伴奏のように聞こえてくる。Fiji canoe pageant

Hawaii canoe pageantちょうど Canoe Pageant の時間が近づいてきたので運河の近く、客が群れをなしている傍に座りしばらく待つと、司会者の説明に合わせて運河の向こうから民族衣装を着た踊り手がボートに乗ってやって来る。各島毎に一つひとつボートがやって来ては両岸に集まる観客の前で踊りを披露。船子がボートを動かす中、上手くバランスをとりながら見事に踊っている。トンガの船子がひとり水に落ちた以外は無事にそれぞれの島が演技を披露して終了。Aotearoa canoe pageant大いに楽しんだ。
Tahiti canoe pageant

Hulaその後は、再び橋を渡ってHawai’iへと行ってみる。日系人っぽいハワイ人のおじさんによるフラダンスの歴史の説明と共に女性のダンサーが踊りを披露。テレビ映像などでフラダンスというと手と腰の動きの速い踊りをイメージする人も多いが、それはタヒチの踊りの影響などを受けた割と新しいもので、伝統的なフラはゆったりとした踊りらしい。また、宗教的な理由で正式なフラダンスは元々男性にのみ踊られるもので、近年フラダンスが世俗的/社会的になってから女性が多く踊るようになったそうだ。他のアトラクションほど派手さはなく、静かな落ち着いた感じのショーで、勉強になった。

再び橋を渡りカヌー(ボート)乗り場からボートに乗って入り口付近の船乗り場まで移動。IMAX Theater で珊瑚のドキュメンタリー映画を鑑賞。近年、水温の上昇により珊瑚が多く死んでおり、それを研究/保存するダイバーによる啓発番組となっている。スクリーンは今まで見た映画館のものに比べてかなり大きく、美しい水中の映像は迫力がある。

Pig from the imuチケットに入っているディナーが行われるHale Alohaに並ぶ。かなり大きな食事場所で、ハワイ王朝の正式なディナーパーティーを経験できる。前方の舞台では華やかなフラダンスが次々と繰り広げられた後で、ハワイ王室の服装を纏った一団が登場。彼らが去った所でついに食事が開始される。併し、あまりに客とテーブルの数が多く、前の方のテーブルから順番にバイキング式の料理をとりに行くため、かなり待たされる。結局、席についてから一時間近く待った所でようやく自分たちの番が回って来る。お腹を空かせた客達は一気にディナーに食らいつき、30分ほどでほとんどの客が席を後にする。人気のなくなったテーブルでのんびりとデザートをいただいた。HA waterfall

食事の後は、PCCのメインイベントである”HA”を鑑賞。3000人収容できるという大きな舞台に、各島のダンサー達が総動員という感じで規模の大きなショーである。途中10分の休憩を挟み1時間半のステージは素晴らしかった。最後の方で本日最初に訪れたSamoaのおもろいおっちゃんが登場。ソロでファイヤーダンスを繰り広げ観客の喝采を浴びる。やっぱりただ者ではなく、実力トップのパーフォーマーだったのね、このおっちゃんは。お見事!

HA showHA show wedding

似たようなバスが何十台も並ぶなか、乗って来たバスを見つけて無事に帰って来る。行きよりも早く着いたようだ。寝てたけど。

Polynesian Cultural Center は面白かった。一度は行ってみる価値あり。まずはここに行ってポリネシアの島々の文化のテイスティングをしてから気に入った本物の島に行く、という楽しみ方ができるかも。実際それぞれの島に行ってみたくなった。

Day 44 – Hawaii

We got up early today, had our ‘pineapple’ breakfast and got ourselves ready to go to the Polynesian Cultural Center.

Our tour guide Ken (shortened version of his Samoan real name!) and bus driver Vau picked us up outside the Hyatt Regency Hotel and we all set off for the PCC at about 10:30am. The bus journey took about an hour and 20 minutes, but we were entertained along the way with Ken’s island jokes and humour.

Chinamans Hat and Turtle IslandsThe journey was very picturesque and we caught glimpses of some of the most perfect beaches I have ever seen. On the way Ken pointed out some landmarks – the China Man’s Hat Island, and Turtle Island – gaining their names from their obvious shapes!

After parking up and leaving the bus, we picked up our Ali’i Luau Tickets and started our journey into Polynesian Culture and history. Our ticket covered the 6 island villages of Samoa, Aotearoa (NZ Maori),Tonga, Fiji, Hawaii, and Tahiti, and also a film at the IMAX theatre. The ticket also included a canoe tour, dinner at a traditional Hawaiian Luau (BBQ), and good seats at the famous ‘Ha! Breath of Life’ after dinner show.

SamoaCoconutMilkOur first stop was at the village of Samoa, where we were first entertained with clapping songs, and traditional island music. After the audience had been warmed up, we saw the ‘natives’ splitting coconuts with a stone, then carving out the inside and squeezing coconut milk from the resultant pulp. The presenter then showed us how the Samoans would start a fire for cooking, by using coconut hair and a big and small branch from a coconut tree. This guy made it all look extremely simple, but I know it would have probably taken me hours to do!! Finally we were treated to another native demonstrating how easy it was to climb to the top of a coconut tree…this guy was fast – he was at the top before you knew it! A great first experience at the village…and a very interesting and entertaining one at that!

AotearoaNext we moved on to the village of Aotearoa (Maori NZ). Before we could see the performance inside the chieftain’s house – we were shown the ‘friend or fore’ welcoming ritual which takes place in front of the main house. Spears are shaken and angry shouts directed at the ‘guests’ who are waiting at the gate. Once it is established that they are ‘welcome guests’ they are encouraged to enter the chieftain’s house…..we seemed to have been given the OK and all went inside to get a seat for the main performance. We saw how the men performed the Haka, how the women danced with Poi – white balls on a string that are twiddled around in circles and hit against the hands and body to make a sound. We also saw the stick-throwing game that both the men and women play.

The performance ended with one of the Maori ladies placing her hands gently over the green jade stone of peace.

TongaDrummerOnce the Maori presentation had come to an end, we made our way over to Tonga to see a performance with traditional Tongan drums. Again there was a clapping song and dance to get us all warmed up – we didn’t actually need any warming up really as the hot Hawaiian sunshine was streaming down on us throughout the day!! The Tongan performance involved a lot of audience participation which was very entertaining to watch!!

On leaving Tonga, we entered the village of Fiji, where we learnt a bit about the islands and culture of Fiji. We also had a quick lesson on how to play the bamboo stick instrument (by drumming different rhythms on the floor) before we took part in a group rendition of a traditional Fijian song.

SamoaFloatWhen we left the village of Fiji, the canoe pageant was just about to start and so we found 2 seats with a good view. Before long, canoes/rafts from each village were punted up and down the river entertaining us with various pacific island music, dancing, and drumming. It was a really good show and you couldn’t help but tap your feet as each one went by!

HawaiiVillageNext we dropped into the Hawaiian village and learnt about the Hawaiian language and culture. Here we saw both traditional and modern hula dancing and ukulele music. Very beautiful and relaxing!

We still had an hour to go before the luau began, so we hopped onto a canoe and took a tour up stream to the main canoe station. From there we popped into the IMAX theatre to watch a 3D documentary about coral reefs in the pacific islands.

LuauAfter the IMAX show, we walked straight over to the Ali’i Luau restaurant and were seated with 4 other people. There were so many people there, it made you wonder if there would be enough food Stowawayto go around!! We also received our real Lei garland of flowers which was nice! Seio’s one came with its own mini lizard…although actually I think the lizard may have been a stowaway and not part of the package!!

LuauCeremonyBefore the luau ceremony of taking the pig out of the ‘Imu’ ground oven began, we were entertained by a Hawaiian singer, a band and some hula dancing.

Once the pig was out of the oven, we waited our turn to be called for our food. Today we were able to try some traditional Hawaiian food like purple Taro bread, Poi, Lomi-lomi salmon, Chicken long rice (actually rice noodles!), BBQ chicken, beef jerky and island fish. It was all very nice and tasty and went lovely with the tropical punch (^^)v … Non-alcoholic of course! We also had dessert of cakes and pineapple! The pineapple is so delicious here…very sweet indeed.

BreathOfLifeShowFinally it was time for the highlight of the day – the ‘Ha! Breath of Life’ Show. This show was very well put together and involved all the dancing, shouting, chanting, drumming, fire-twirling, jumping, warrior fighting, and spear throwing of all the different Polynesian islands. It was an excellent performance and an extremely entertaining show.

I think the thing that struck me most about this place and all the shows was the smiles on the faces of all the people when they were talking about their own indigenous cultures. They just looked so relaxed and comfortable showing us all about the ‘everyday life’ of their respective cultures…

The bus left soon after the show to take us back to the Hyatt Regency Hotel in Waikiki. From there we made the short walk home to our hotel. It was a really enjoyable day today ….


43日目 Hawaii / Diamond Head

11月5日(木)晴れ Fine

今日も天気がよい。朝から早速窓の向こうに虹が見える。

出かける前に一階受付の隣にあるTourist InformationでPolynesian Cultural Center (PCC)について尋ねる。ミサコさんという係のおばちゃんは日系人でフレンドリーな人だ。自分の名前を告げると、Utsunomiyaと数回復唱の後「この名字は沖縄の出身でしょう!」と言われる。沖縄出身かと問われたのは生まれて初めてだが、彼女には響きがそう聞こえたらしい。明日のチケットを予約するとPCCの見所を簡単に説明。特にお奨めのアトラクションを教えてくれる。いくつかあるショーの中でも夕方のメインイベント”Horison”はとりわけ楽しみだ。支払い時に端末の入力ミスをしたらしく$2300の請求が出てしまい大いに慌てていたが、ちゃんと修正してくれた(と祈る)。朝6時15分からお昼頃までここで働いているらしく、「10時過ぎると暑くなるからね〜」と笑っていた。基本的にのんびりして気楽そうだ。

View from DH10時頃ホテルを出発。目的先は Diamond Head の頂上。ホテルからでもその一部は見えるのだが、登坂口には向こう側へぐるっと回る必要がある。得意のWalkingでまずは入り口を目指す。入り口のバス停を過ぎてからは料金所のある所まで歩いている人を見かける。途中景色の写真を撮りながらホテルを出て約1時間で登山口へ到着。ここから頂上までの距離は片道1.3kmとそれほど遠くはないように思えるが、岩山と急な階段が待ち受けているので結構な運動になる。下山中のすれ違う人の半分以上は日本人でないかと思われる。頂上に近づくと階段とトンネルを交互に進み、最後に螺旋階段を登ると低い出口が現れ、腰を屈めて外に出る。登頂する頃にはバックパックを背負った背中は汗がびっしょりとにじんでいる。展望台からの眺めは素晴らしく、風が涼しく気持ちよい。View of Koko Head

下りは登りの半分以下の時間で一気に下る事ができる。登って来る人々は一様にゼイゼイハアハア額に汗を流している。階段に差し掛かった黒人の陽気なおじさんは、手に持った自分のカメラを指差して「上で撮った景色の入ったそのカードと俺のを交換しようよ」と笑いながらゆっくりと登っていく。頂上にもいた、ボランティア(?)の男の一人が山道の途中で寄付を募っている。人が通ると英語で話しかけているのだが、反応のない日本人(と見られる)下山者に対しては「バイバイキ〜ン」「モリサンチュー」「オウベイカ!」などと知っている単語を並べて日本人を笑わせている。

復路は下り坂なので、登山口を過ぎてからも順調に進み、山頂から1時間でホテルまで帰って来る。合計3時間程度の散歩となる。

午後からも出かけようかと話していたが、宿で一服するとそれまでの疲れが出てのんびりとしてしまう。

結局、夕方はホテルのプールで泳ぐ。他の客はHot Bathに浸かる人ばかりでプールに入っているのはAliと自分以外にいない。全身浸かるまではプールの水はひんやりとして震えてしまうが、一旦入ると気持ちが良いものだ。