63日目 Queenstown 〜 Sydney 〜 Cairns

11月25日(水)晴れ/雨

朝は9時に間に合うように借りた車をQueenstownの街中に返しに行く。ホテルまでは歩いて戻る。天気はよいが風が強い。最初から最後までNZは風の強さが印象に残る。静かな湖も風の強さで細かい波が起こり岸辺に打ち寄せている。風景の写真を撮りながら湖沿いを風に向かってゆっくりと歩いていく。ホテルまでの最後の数百メートルは上り坂になっている。風と坂とでなかなか進まないが何故か走りたくなる。思ったよりも息が切れた。

 

ホテルロビーでしばらく待った後、迎えに来たシャトルバスで空港へと向かう。空港は小さいが周囲の山々に囲まれた景色は素晴らしい。

空港ロビーでもしばらく待ってようやく搭乗口へと向かうが、出発料金とやらを払う必要があると言われ両替所に並んで支払いを済ませる。出発料金だったり荷物(スーツケース)預け料だったり空港使用料だったりと場所によって名称は様々ではあるが、隠れた支払いが出発直前に待っている。チケットを買う時に金額の提示や支払いを済ませられるようにしてほしいものだ。最近は格安旅券と謳っていても実際はそれ以上かかることが多いような気がする。

搭乗口では自分たちの乗る飛行機が到着するのが見える。搭乗口から外に据えられた階段を一人ずつ降りて空港建物まで歩いて行く姿が見える。反対側からは預けられたスーツケースが一つ一つ降ろされていく様子も最初から最後まで観察することができた。空港ではたまに数人乗りのセスナが離着陸をする姿が見られるが、小さな機体を大きく揺らす様は見ているこちらがはらはらさせられる。

今回のQantas航空便での自分たちの席は4列目、ビジネスクラスのすぐ後ろである。足を延ばしても余るほど座席の余裕はある。機内全体でも空席が目立ち余裕のあるフライトのようだ。

とは言え、離陸直後の揺れは余裕があるどころではない。山に囲まれた空港なためか離陸後は左に大きく急旋回して行く先にそびえる雪山に突っ込むように突き進む。山の頂上をかすめるように過ぎた辺りから白く厚い雲の間に突入すると同時に、右に左に上に下にと揺れが続く。山がまだすぐそばに見えることからかなりスリルがある。雲を突き抜け視界が開けるころからようやく安定した飛行へと落ち着いた。

その後は順調な飛行で予定通り無事にSydneyに到着。Sydneyでは乗り換えるだけなのだが一旦荷物を拾ってまた預けるようになっている。まあ次の便まで4時間以上あるので問題はないが。Sydneyの入管は今回の旅で最も楽に通過出来た。NZの入管職員も気さくでのんびりとした感じだったが、今回は旅の目的など何も聞かれなかった。到着した客にあわせてやって来た職員同士が楽しそうにジョークを交わす姿を横目に「ここではみんながコメディアンだから:)」と笑顔でスタンプを押してくれる。

スーツケースを拾った後、Qantasの国内線乗り継ぎカウンターまでかなり歩いて進む。荷物を預けセキュリティーチェックを受けた後はQantas専用の国内線ターミナルまでバスに乗り継いで行く。10分もバスに揺られたことからも、かなり大きな空港であることは予想出来るだろう。

出発の搭乗口に着いてからもまだ3時間も時間があるので空港内の店を歩いて回る。ようやく搭乗時刻を迎えて乗り込むが、今回は満員のようである。Cairns行きのフライトは先ほどのSydney行きとは逆で、前半はスムーズに進む。が、到着が近づくにつれて暴風雨に見舞われたらしく、空港に向けて着陸するまでは高度を下げるに従い機体が大きく揺れて怖かった。こうして日記を書いていることからも何とか無事にCairnsに辿り着いたようだ。

Cairns空港では激しく雨が叩き付けている。降り立った空港建物から手荷物受け取り所までは、トタン屋根を付けた仮設通路を時折濡れながら歩いて行く。どうやらCairns空港は2010年に改装オープン予定で、今は改築のまっ只中らしい。荷物を拾ってタクシーでホテルへと向かう。空港から10分ほどで無事にホテルに着いたのは良いが受付の建物の鍵は閉まっている。それに加えて警察の車がホテルの駐車場に停まっているのが物々しい。24時間チェックインと前の看板に堂々と掲げているからにはいつチェックインしても構わないに違いない。確かに夜の10時は早いチェックインとはいえないが、入り口のドアにも8時以降は呼び鈴を鳴らしてくださいとの貼り紙がなされている。雨の音が叩き付ける中、30分ほどベルを鳴らしたり戸を叩いたりしていたが従業員の気配は感じられない。このまま入り口で立っていても埒があかないので、近くに並んでいる他のモーテルにでも泊ろうかと思案している所、ちょうど前の歩道を通りかかったオーストラリア人の若者がやって来る。事情を話すと自分たちと同じようにベルを鳴らしたり声を上げたりしてくれるが何も代わりはない。彼は近くのモーテルに泊まっており、おそらく空き部屋があるとのこと。他にいい選択肢は思いあたらないので彼について行く。こちらの宿では年老いた男が2階から顔を出し、時間をかけて降りて来てくれる。部屋はあるので泊めさせてくれるが、夜遅くに訪れた客を不審に思ったのか、宿を紹介してくれた若者の話していた値段よりも$15多めに、更に現金での支払いを求められる。

叩き付けるような雨の中外で立ちつくすよりは屋根のついた部屋に泊まれることはありがたい。が、部屋に入ってすぐに死んだゴキブリをAliが発見してからのこの宿に対する信頼感の低下は想像に難くないだろう。ゴキブリ発見以来、部屋のものを触りたがらないAliは今晩は眠ることすらできないかも、とぼやいている。さりとて雨の降りつける外よりはましであろうと自分はシャワーを浴びて横になる。雨が屋根に叩き付ける音が響くのと同時に、夜遅くに帰って来た他の客の大声が響いて来る。更に夜中には隣の部屋からの大きないびきも聞こえて来る。

我々の予約したホテルで何があったかは知らないが、なかなかネタには事欠かないオーストラリアでの初夜となった。

Day 63 – Sydney/Cairns

Got up fairly early today and had some breakfast before heading into town to return the rental car – our trusty red Corolla sedan that took us all around Southland. We actually got an $80 cashback deal when we returned the keys which was a nice bonus!!

Now that we were car-less, we had to walk back to our hotel…which actually wasn’t that far at all from downtown. We walked along the shoreline of Lake Wakatipu, taking some final snaps of the mountain range and lake along the way. Unfortunately the last 400m to the hotel was an uphill trek and whilst Seio (madman) decided to jog it, I took a more leisurely stroll there – I caught up with him at the top anyway, so….

When we got back to the hotel it was just before 10am and so we still had some time to relax before check out at 11am. Our shared shuttle bus came to pick us up at 11:35am and take us to Queenstown airport. I was surprised at how small the airport was, and how picturesque it was. The airport is situated right between the mountain ranges, and it only has about 6 gates in all – quite compact!

We sat in the waiting area before being called to the boarding lounge – but just before we got to security we were told we needed to pay a departure tax!! Typical….the amount of hidden fees that appear in flying these days is ridiculous, whether its for suitcases (allowed baggage at that!) or departure fees, it all mounts up…and that cheap fare isn’t as cheap as you thought it was!!

We paid our NZ$50 departure fee and were allowed through the security screening – NZ security is more relaxed than the US, there is no need to remove your shoes, jackets, belts and almost everything else you are wearing – it was quite a nice change!

Once through to the boarding lounge, we watched as our plane arrived and the previous passengers disembarked. We were flying with Qantas today – the first time since we started our trip , even though our round the world ticket is a Qantas ticket!! We have been traveling mostly with Qantas’ One World Alliance partners.

When our plane was ready, we were called to board and Seio and I tok our seats in the first row behind business class – Row 4. We had plenty of legroom, although we had to crane our necks to watch the in-flight movie!

Before long, we had taken off, but what a bumpy take-off it was. It was a steep take-off to begin with due to the surrounding terrain, but we hit some clouds almost immediately and were rocked from side to side and up and down a couple of times before things smoothed out!! I think it felt more scary because the mountains felt so close by. Once we had reached altitude above the clouds, the sky became a nice clear blue and it was a smooth flight from there on in. The landing was fine in Sydney too – although you come in quite close to the water which is a bit of a thrill in itself.

We knew we would have a bit of a wait at Sydney airport before our connecting flight on to Cairns. It was 3:55pm when we arrived and our next flight was not until 7:35pm. It was quite nice to have plenty of time though, because we had to clear customs and collect our luggage once before continuing our journey. Customs in OZ was even more relaxed than in NZ, a huge difference from the US and particularly Canada, where the customs officials do not even smile!! We breezed through passport control and received our Australia stamp, before going down to the baggage claim area and collecting our suitcases. After passing through quarantine, we went through the arrivals lounge and walked for what seemed like miles to the Qantas domestic transfers desk. We already had our boarding passes for the next flight, but we still needed to recheck our baggage. Once we had checked our suitcases again, we went through security screening once more before getting on a bus and being taken across the runways to the Qantas domestic departures building. It was a 10 minute bus ride away – which shows you how big Sydney airport is!!

After taking a walk around the duty free shops, we found Gate 1, took a seat and waited for another hour and a half before being called to board.

Our flight to Cairns was pretty full, and this time it was a smooth take off. In fact it was a fairly smooth flight until landing. Unfortunatley the weather in Cairns was not good – rain. clouds and string winds. This all added up to some extremely bumpy spells on the way into the airport!!

We eventually landed in one piece and were quite glad to be on terra firma again…

‘Nightmare on Sheridan Street’

It was absolutely pouring down with rain when we arrived, and so we decided to hop in a taxi and go straight to our motel. The hotel was only about a 10 minute ride away from the airport, and looked quite nice from the outside – apart from the ominous looking police car and policeman who seemed to be ‘investigating’ an old man with a long box!! We don’t know what the motel looked like on the inside, because we never actually got to check in!!

According to the big sign outside the motel it was a 24-hour check-in, but when we rang the bell for assistance nobody came out….After the 20th ring, we decided to give up and find somewhere else to camp out for the night. A young lad came to our assistance and told us that there were probably some spare rooms where he was staying. It was only down the road and as we didn’t really have any other options we decided to go and check it out. Luckily the old man in charge let us have a room at short notice, even though he charged us $15 over the going rate and wanted cash!! Although we were very grateful to escape the torrential downpour outside, we were a bit disappointed to say the least – first by being let down by the original motel and secondly by the state of neglect that this alternative motel was in…it didn’t help that I found a dead cockroach on the carpet as soon as i went in either…..After that discovery I didn’t really feel like touching anything in the room and wondered if I was actually going to be able to sleep tonight…. Oh dear!

62日目 Queenstown

11月24日(火)晴れ

街中に買い物へ。車を停め少し歩くと土産物を売る店が連なっている。数件の店を歩いて回るが日本人の店員(=経営?)の店が多いことに驚いた。そのまますぐそばの郵便局へ。今までためて来たものと併せて荷物を送る。

一旦ホテルに帰り昼食。一服した後で再び街へ向かう。レンタカーは明日まで借りているが、明日は移動で実質今日が最終日なのでもう返しておこうと考えたのだ。返す前にガソリンを満タンにしようとスタンドを探すが見つからない。隣町まで行く途中にあるかもと湖沿いをドライブするが気配は全くない。代わりに、Queenstownの街からは見えない山々の景色が見えて来る。Wilson Bayという所で停車。一台のみ車が停まり、男がひとり水辺で日光浴をしている。ここから湖の対岸に形のいい山がそびえる。この山が大変気に入った。おまけにここから山に向けてマウンテンバイクのトラックが整備されているらしく、是非ともバイクを持ってきたい場所である。

スタンドがなさそうなことは薄々感じながらもそのまま進んでゆく。また別の角度の見晴らしのいい場所で一度、また一度と停車ながら進む。この道路沿いは人家もほとんどなくひっそりとしているが、湖の向こうの眺めは本当に素晴らしい。

ガソリンがかなり減ってきたのでいい加減に引き返そうと元来た道を運転して戻る。Queenstownの街の数キロ手前で燃料の黄色マークが点滅しだしたので帰って来て良かったとほっとする。違う方向へ車を走らせるとようやくスタンドを発見、満タンに。既にレンタカーの店も閉まっていることから当初の予定通り明日の朝返すことにして宿に帰る。

ずーっと前から楽しみにしていたNew Zealand。今日で最後だとは信じられないほどあっという間だったが、期待通り自然の溢れる美しい国である。花と緑と水辺と山に囲まれた羊の国はキャンプやアウトドア好きの人には最高だ。我々も間違いなくまたやって来るだろう。

Kia ora !  Aotearoa!

Day 62 – Queenstown

Got up and had breakfast, before heading into town to do a spot of souvenir shopping. We parked up the car and popped into a couple of shops in Queenstown Mall – an outdoor shopping arcade in the city centre.

After finishing our shopping, we went straight to the post office to send off our souvenirs along with some bits and pieces that we have collected along the way.

We came back to the hotel and had some lunch and then later in the afternoon we went back downtown to return the rental car. We actually have the car until tomorrow morning, but we thought it would be easier to drop off the car this evening instead. Before we could return the car though we needed to find a petrol station and fill up the tank. We went round and round in circles looking for a petrol station but couldn’t find one, so we decided to drive to the next town and see if we could find one on the way. We ended up taking quite a long drive around the coastline and finding some really nice scenic locations, including a place called Wilson Bay where there was a mountain biking track and a nice picnic area.

There was still no sight of a petrol station and so we carried on in the direction of the next town, Glenorchy. We came across another scenic lookout point at the top of a hill with a beautiful view of the snow topped mountain range. A nice lady in a camper van offered to take mine and Seio’s photo which was very kind.

Our petrol supply was getting fairly low at this point and so we decided to head back towards central Queenstown and see if there was anywhere on the opposite side of town. We eventually found a place and filled up, but it was too late to return the car by this point and so we agreed to take the car back first thing in the morning as originally planned.

On the way back to the hotel we picked up some food at the local supermarket for tonight’s meal.

In the evening we packed up our suitcases ready for our journey on to Australia tomorrow.

I can’t believe New Zealand has come to an end – this is a truly beautiful country and we have thoroughly enjoyed our travels here. We will be back – that is for sure!

61日目 Queenstown / Wanaka

11月23日(月)晴れ/曇り

本日はQueenstownから70kmほど離れたWanakaまで遠足。山道の景色がいいルートを走りながらやって来る。景色はいいのだが山道では崖の上でもフェンスがない所がたまにあるので気をつけないといけない。田舎道はついついスピードを出しそうになるがあくまで自己責任、安全運転ということで。

WanakaはQueenstownと同じく湖のほとりの景色が美しい町である。宿やキャンプサイトは充実しているが Queenstownほどは大きくなく、のどかでいい感じ。湖のほとりからは白い雪を冠った山がその向こうにそびえ、何とも美しくいい景色である。

Mount Aspiringとその周辺の山々が見える所まで行こうと湖沿いをドライブして行く。Diamond湖沿いの立派なキャンプサイトを越えたParkins Bayというところで道路沿いのふくらみに車を止め、長い直線の小道を歩いて湖まで歩いて行く。風は強いがいい眺めである。来た道を戻りDiamond湖沿いの駐車場に車を停め湖岸沿いの小道を歩いて行く。ここからの景色も素晴らしく、180度以上の色んな角度から写真が撮れる。人の気配はしないが何か音がするので近くをみると、湖のほとりまで羊の親子が水を飲みに来たらしい。岸辺をしばらく進んだあとで駐車場へ戻る途中また羊の親子数組に出くわす。すぐそばの私有地で放し飼いにしている様子。親子並んでこちらを見たりお尻を向けたり、水を飲んだり、草を食べたりとのんびりとしている。

 

Wanakaの街近くの湖沿いで景色をつまみに昼ご飯を食べる。いい眺めだ。

 

帰りも来た時と同じ景色のいい山道を通って帰る。途中展望所に立ち寄りながら。

夕方ホテルに帰って一服した後、9時頃夕焼けの景色を撮ろうと散歩に出かける。日が長いのはいいもんだ。

 

Day 61 – Queenstown

Today we set off for Lake Wanaka. We took the scenic route which involved 15kph snake bends and undulating roads. It was literally a breathtaking drive in a number of ways. A lot of the roads here do not have crash barriers, and so it can be quite scary at times!!

We arrived in Wanaka safely, and were greeted by an amazing view of the lake. The snow capped mountains provided the perfect background, while people played with their dogs on the stoney beach and others relaxed in the sunshine or sailed their boats.

We carried on towards Mount Aspiring, and pulled over just after Glendhu Bay at a place called Parkins Bay where there was a short walking track to the shoreline.

After taking some photos, we jumped back in the car and worked our way back to Diamond Bay and another little walking track to the lake front.

We bumped into some sheep and a couple of lambs on the way who had come to the lake for a quick drink! Unfortunately we scared them off into the bush. The landscape was stunning, Milford Sound and the mountain ranges showing their heads from all angles.

We walked along the track for a short while before heading back to the car and back to the main car park at central Wanaka. We stopped the car and had some lunch by the Lake front, before going into the town and doing some food shopping.

We took the scenic route back to Queenstown again, stopping off at the various scenic lookouts on the way.

We arrived back at the hotel around 5pm and had a relaxing evening, going for a walk at around 9pm to see the beautiful sunset.

60日目 Dunedin 〜 Queenstown

11月22日(日)晴れ

早起きして宿の向かいにある植物園を散歩する。バラ園は初日に来たがそれ以外は見ていなかったので。この公園も良く手入れがされている。日没後には出入り口に鍵がかけられ、今日は職員が朝から水を撒いている。園内の池のほとりに、姉妹都市の小樽市から寄贈されたという石の灯籠や東屋を配した日本庭園も見られる。川の向こうの斜面にも多種の花や植物を植えており、水辺に鳥が多く集まっている。木々の隙間から晴れ間が差し込んで来ると気持ちが良いが、半袖で来るにはちと肌寒かった。

宿の戻りチェックアウトを済ませると、Queenstownを目指して車を走らせる。途中小さな町(村)を越えながら、山道のアップダウンや湖のほとりなど美しい景色を次から次へと迎えて行く。運転していると、山道のカーブの手前で「65」や「55」、工事中の所では「30」といった具合に減速の標識が出て来る。それ以外は基本的に100kmの道路だが、たまに山道のまっただ中で突然「100」マークが出て来るのには驚く。「このカーブの連続道で100kmは無理です。ご勘弁を!」という感じである。100の標識を作りすぎて余ったので適当な所に置いていったのだろうか?その辺は全くの謎だが、小さな村では「80」が400mもするとすぐに「100」に戻る。道路の両脇に100の標識が植え付けられている姿は大きな100円玉が置かれているようにも見えるので、車の旅を始めて以来自分たちは100を見る度に「チャリン チャリーン」と言いながら幾つもの町を過ぎ去って行った。

今日は日曜日ということもあってサイクリングをしている人を多く見かける。ロードバイクで駆けていく集団やソロで上りをこいで行く人、重たい荷物を乗せたマウンテンバイクの旅人など様々である。山道はきつそうだがトレーニングコースにはもってこいだ。天気もいいし気持ち良さそう。

途中3回ほど立ち止まり、無事にQueenstownへとやって来る。2時を過ぎて着いたのだが部屋の準備ができていないとのことでロビーで空きを待つ。レストランの大きなガラス張りの窓から見える湖の景色が素晴らしい。待たされたおかげで山と湖の見えるいい部屋にアップグレードしてもらえる。ラッキー。

天気もよいので外のプールサイドでくつろぐ。あいにくプールの水温は震え上がるほど冷たいため、泳ぐのは遠慮するが、Hot bath があるので何度か浸かって温まる。誰もいなかったプールにも、我々の姿を見て「泳げる!」と思ったのか、次々と客がプールサイドにやって来る。併し誰もがさすがにこのプールの冷たさに泳ぐのは遠慮していた。子供とその子にせかされた父親を除いては。

夕方になり街中へと繰り出す。車を止めて歩いて散策。小さな町ではあるが中心部は観光客が多く賑やかである。すぐそばのWakatipu湖は美しく、山々に囲まれた絶景はまさしく「別荘地」、もしくは「避暑地」として相応しい感じである。冬はスキー、夏は水上スポーツに加え美しい景色はいつ来ても素晴らしいことから年中人が集まってくるのだろう。