Day 60 – Queenstown

We got up really early this morning, and headed off for a morning walk around the botanic gardens. Dunedin has a sister-city relationship with Otaru, Japan and as such the botanic gardens have a specially designed Japanese garden complete with Azumaya (shelter) and stone lantern. Even the ducks (at least the ones that were awake!) seemed to be enjoying the garden. We had a walk around the upper and lower garden, before heading back to the hotel, grabbing our stuff and checking out.

The journey to Queenstown was quite a long one, but we only stopped off for short breaks here and there. It was a very scenic drive and some of the towns along the way have the most beautiful landscapes you have ever seen.

We arrived in Queenstown at around 2:30pm, but our room wasn’t quite ready for us. We waited in the lounge area and took in the beautiful views of Lake Wakatipu and its backdrop of snow-capped mountains.

As our room wasn’t ready, we received a complimentary upgrade to a lakeview room which was a nice bonus!

In the afternoon, we relaxed by the poolside and read some books under the sunshine. Unfortunately the water really was too cold to swim, but we had a dip in the hot tub a couple of times.

In the evening we headed into town to get some food and do a bit of exploring. Queenstown is a mixture of Wellington and Christchurch – it has a very hilly landscape but it is also surrounded with greenery. A typical Alpine town – reminiscent of Austria or Switzerland in the summer months.

It has quite a young atmosphere as well – but that is probably because this is the adventure capital of the southern island!

 

Advertisements

59日目 Dunedin / Otago半島

11月21日(土)晴れ/曇り/雨

Dunedin 二日目の朝は天気が良さそう。かといって朝の天気が一日続かないのがNZの天気。早朝雨が降りそうな曇り空から次第に晴れていくというパターンを何度も経験したが、今日は逆の模様。Otago半島に向かうに従い雲が広がり風が強く吹き付ける。切り立った岸壁から見下ろすOtago湾の景色は絶景だが、車を走らせるにつれて真っ白な雲の中を進むようになり前が見えない。

霧の中を進みながら何とか目的地の Larnach城へ到着。Larnach氏個人によって建てられたNew Zealand 唯一の城である。この場所から見渡す景色が美しいのでここに城を建てたそうだ。なるほど海と山と島とが見渡せて見晴らしが良い。吹き荒れる風の中、庭を歩いて回るときれいに手入れがなされている。城の中も昔の部屋の内装が残されており、100年以上も昔の部屋に入ることができる。屋上からの眺めも素晴らしい。

イギリス風の城を後にし、右へ左へと曲がりくねった山道を通り越えて海岸沿いに出る。そのまま半島の先端を目指す。行く先には Royal Albatross Colony といってアホウドリの群れが見られる場所が現れる。センターの建物からはアホウドリの観察ツアーも行われているようだが、風の強さが半端ではない。アホウドリの群れを観るどころかこちらが飛んで行きそうなので、この場を引き返すことに。海岸線をDunedinの街に向けて走って行くと、次第に晴れ間が広がるとともに Otago湾内の波は意外と穏やかである。

美しい Dunedin駅をカメラにおさめるために立ち寄ると、ちょうど駅構内で結婚の写真を撮っている所に出くわす。この駅も歴史的建造物ではあるが、毎日の旅客用には使われていないようだ。観光用の列車がたまに出ているような感じである。それにしても先ほどまでの灰色の空と暴風が嘘のように爽やかな青空が広がり、強い日差しが差し込んでいる。面白い天気だ。

駅の斜め前にはイギリスのチョコレート会社 Cadbury の工場敷地があり、紫地に白のロゴマークが目に入る。チョコレートの誘惑には勝てず、工場見学ツアーに参加。工場内を説明を受けながら見て回るもので、参加するとチョコレートの見本がもらえる。イギリスでは見たことのないパッケージがあるのでそれらは New Zealand オリジナルなのだろう。本家イギリス、バーミンガムの工場を訪れることなくNZで体験出来てよかった。Birminghamに行く予定はないので。おやつ用のチョコレートを買い足し工場を後にする。

その足で市内中心部を散策して回る。Dunedinはイギリス人が入植して開発した最初の都市なので歴史のある建物が多い。山に囲まれた港のそばに中心部が広がり坂が多い点は Wellington にも似ているが、雰囲気は異なる。地名にもスコットランドの名前を多く残した味のある街である。

Day 59 – Dunedin

This was our second day in Dunedin. It was another warm day again, which is apparently quite unusual for this town, but we were not complaining!! Today we set off for a lovely coastal drive around the Otago Peninsula. As we crossed over the bridge to central Otago we got some wonderful sea views. Our first stop was Larnach Castle and as the road started to climb and climb, the clouds got closer and closer and you really started to get that eerie, misty, Scottish highlands feeling. It gave the Castle a great atmosphere. Apparently this is the only Castle in New Zealand. It was built by a politician/banker and it’s a bit of a quirky style castle – it incorporates the traditional British castle style together with Australian-style verandahs with ornately carved iron railings. The gardens were beautiful, and the inside of the castle had been kept quite authentic as well.

After having a bite of lunch in the castle grounds, we set off for the tip of the peninsula and to the Royal Albatross Colony – we were tempted to take a tour to see the Albatrosses, however the wind was so gusty and strong, that we found it hard to stand up, let alone go on a guided walk. We hopped back in the car and headed back to a warmer and less windier location. The coastal drive was beautiful, the sun had come back out and was glistening on the water. We passed through a lovely little town called Portobello before arriving at the main bridge and then central Dunedin.

Once we were back in the city centre, we stopped off at the famous Station building to take a couple of snaps – Along with the Sydney Opera House, it is apparently one of the most photographed buildings in the Southern Hemisphere. A wedding party was having their photographs taken inside just as we arrived.

Across the road from the Station was the Cadbury’s Factory!! We couldn’t help ourselves and decided to go on a little ‘Chocolate tour’. It was quite interesting actually, because although the actual manufacturing processes must be the same, a lot of the chocolate bars are completely different to those in the UK. I had never heard of some of the chocolate we were given as samples!!

After our chocolate experience, we took a quick walk around the city centre and looked at some of the traditional architecture. Dunedin was apparently the very first City and therefore has a lot of the first of everything! A very interesting city…

In the evening we packed and got ready for the next leg of our journey.

Lack of Internet Access!

Sorry about the recent lack of blog updates – compared to the USA and Canada, New Zealand hotels have quite costly internet access, plus we have been on the move almost every day this past week!

We are trying to catch up, but what with having so much fun and everything it has been quite difficult to find the time (^^)v

58日目 Oamaru 〜 Dunedin

11月20日(金)晴れ

勝手に「研修所ホテル」と名付けた宿を後にして本日は更に南のDunedin(ダニーデン)へと向かう。途中Oamaruから南に約40km下った所にあるMoerakiという海岸地帯に立ち寄る。駐車場から海岸の砂浜へと降りて行くと広々としたビーチに巨大な丸石(Boulders)が無造作に転がっている。石の大きさは均一ではないが多くは直径1m以上もある。苔が付いているものは遠くから地球儀のようにも見え、白っぽいものは恐竜の卵のようにも、黒っぽいものはボーリングの球のようにも見える。共通しているのはでかい!ということ。中には半分以上地面に埋もれたものや割れたものもあるが、元は全て球体である。自然界の化学作用により化石や骨に鉱物の結晶が付着して固まり、6000万年以上かけて今の大きさにまでなったらしい。自然のすごさにはつくづく恐れ入る。

約1時間かけて照り輝く太陽のもと巨石の写真を撮って回る。そのまま Dunedin までいくつもりが、Moeraki Boulders を過ぎて少し進んだ所で「Trotters Gorge 右折4.5km」という標識が目に留まり右の道へ入って行く。ここは渓谷でキャンプサイトがある。キャンプ場から山場に向かう小道の入り口に標識が立っている。往復30分でCave(洞窟)、1時間半で展望地点があるとの表示。早足で進んで行くと片道10分弱で右側に横からえぐったような洞穴を発見。静寂に包まれ鳥の鳴き声以外に音がない。その先は足場が濡れているのでここで引き返す。キャンプサイトのそばには渓流が穏やかに流れており、手を洗うと飛び上がるほど水が冷たい。車が2台停まりキャンプをしているようだが、有名な観光地ではないのであまり人が来ないらしくひっそりとして心が落ち着く。聞こえるのはサラサラと流れる水音に鳥の鳴き声のみ。鳥の種類が豊富なNZでは鳴き声も色々と聴いてきたが、ここでの鳥の音色は今までとは違う。高音低音がよく響き渡り渓谷に谺(こだま)する。さながら鳥版テノールのパバロッティのよう。しばらく鳥の歌声と囁くような水の伴奏を楽しませてもらう。こんなに天気の良い日はここで一日読書をして過ごすのも気持ち良さそう。

昼ご飯を食べて今度はノンストップ。1時間もせずにDunedinへやって来る。ホテルの駐車場がいっぱいなのは宿泊客ではなく、定期の会合が行われているとのこと。

荷物を降ろして郊外の North Road から住宅地に入る Baldwin Street へ行ってみる。Dunedinの街は傾斜になって坂道が多いのは既に目に入っていたが、この辺りは特に勾配が急である。中でもこの Baldwin Street は世界一の急勾配としてギネスブックにも載っているらしい。写真で見ると勾配の程度は分かりにくいが、実際に歩いてみるとその激坂度が体感出来る。坂の角度もさることながら、この坂に沿って住宅地が広がっていることには驚かされる。たまに来る住民や観光客の車は一様に勢いよくアクセルをふかしながら上ってくる。「途中でアクセルやブレーキが故障したら大変だろうな」とか「この坂の途中でやる坂道発進は世界一スリルがあるだろうな」といった考えが頭をよぎる。実際この付近に停まる車は年代物の古い車が多く、新しい車はあまり目にしないので大丈夫かいなとついつい余計な心配をしてしまう。

下のNorth Rd.沿いのお店でアイスを買って食べる。今日は良く晴れて暑いのだ。NZ南に位置するDunedinでも最高気温が25℃と真夏日である。

ひと休憩の後、Signal Hillという展望台にやって来る。坂道をひたすら上りきった所に展望台が開け、オタゴ湾とオタゴ半島、ダニーデンの街が見渡せる。清々しい自然の景色である。その後は適当に坂道を下って来ると街中へとやって来る。街中をドライブで通過したあとはスーパーへ。NZでは Countdown と New World という店が大手でそれぞれどこの都市にも支店がある。今日はNew Worldへと立ち寄る。5時を過ぎたので仕事帰りの人が多いのか車の数が多かった。

ホテルでゆっくりした後、8時半頃から散歩に出かける。まだまだ外は明るい。日の長さはイギリスの夏のようである。道を挟んで反対側に Dunedin Botanic Garden (植物園)があるので行ってみる。驚くなかれ、入ってすぐの所になんとまたバラ園が。今日で4日連続。それぞれ違う街で。NZの人々はつくづくバラが好きなようだ。イギリスも同じだが。そして自分たちもつくづくバラに縁があるようで、毎日見ても飽きないことからやっぱり好きなようだ。9時を過ぎてから薄暗くなってゆくが9時半頃まで花の香りを楽しんで帰る。

今日は本当に天気が良く暑かった。

Day 58 – Dunedin

We left Oamaru at around 10am this morning and headed off towards Dunedin. On the way we stopped off at Moeraki to see the famous Boulders on the beach. There were actually more of them than I thought there would be, some of them perfectly round, others looking like tortoise shells, and others looking as if they had been split clean down the middle with a gigantic karate chop!

Outside of the cafe/shop, there were a couple of deer grazing in a nearby field – they posed graciously for our photos and then stood underneath the sign that explained where we could buy them food – well trained or what??!

We didn’t feed them, but instead jumped back in the car and carried on along route 1 towards our destination. After a little while we came across a little place called Trotter’s Gorge, and stepped out of the car to stretch our legs and take a break. The water was so clear and cold there! We walked through the campsite ($6 per night!!) and carried on up a track towards some caves. It was very cool and refreshing – today’s temperature was about 23 to 25 degrees, but it felt more like 30! When we got back to the car, we had something to eat and rejoined route 1 for Dunedin.

We arrived in Dunedin just after 1pm, and checked into our hotel. Dunedin apparently takes its name from the scottish meaning Castle of Edin. There are a lot of families with Scottish names here, and many of the streets have Scottish origins.

After unpacking some bits and pieces and taking a little break, we headed off for the world’s steepest street ‘Baldwin Street’. At its steepest it has a gradient of 1 to 2.86m. It is only about 100m long, but it felt like a very long climb up – coming down was of course a breeze! The view from the top was well worth it, but once again a photo really doesn’t do the scale of these places any justice. Its amazing where people have actually built their houses – I think the people that live here must be very fit indeed. When Seio and I got back down to the bottom of the road, we rewarded ourselves with a nice cold ice cream…just what we needed (^^)v

Next we headed back into town and took a scenic drive around some nice country lanes, before heading to the scenic lookout at the very top of Signal Hill Rd. There we got some amazing views of Dunedin city and the Otago peninsula. It was such a beautiful day again today, we really have been lucky with the weather –  I don’t think we have had one bad day in NZ yet!

On the way back to the hotel we did our usual Supermarket stop and picked up some food for the evening. Supermarkets in NZ seem quite similar to the UK – there appear to be 3 major chains: Countdown, New World, and Pak ‘N Save – a bit like Asda, Tesco, and Morrisons!! Today we shopped at New World.

As it was such a nice evening, and still quite light outside, we decided to take a nice walk to the Botanical gardens and back before calling it a night. It’s still quite warm now at 11pm!!

57日目 Timaru 〜 Oamaru

11月19日(木)晴れ

これがホントの Queen’s Bed (!?) から気持ちのよい目覚め。カーテンを開けると天気はよさそう。ホテルを発ってからまずは Aigantighe Art Galleryへ。近現代の美術作品を多数収蔵するこの美術館はこじんまりとしているが、ニュージーランドの著名画家の作品、Timaruの風景を題材にしたものが多く落ち着いた雰囲気。元々個人の邸宅を美術館にして一般公開したらしく、大きなお家にお邪魔して各部屋を覗いて行くように展示がされている。NZの絵画に混じり歌川広重の「東海道五十三次」の風景画が掲げてあるのに親しみが湧く。広々とした庭園には石の彫刻が散在し、海も眺められる景色は美しい。他に客がいないこともあり、ゆっくりと楽しむことができた。おまけにこの美術館は無料である。

次の目的地 Oamaru までは80kmと遠くない。正午過ぎに着いてしまったため駅に来て写真を撮る。この鉄道は現在は旅客用には使われておらず、貨物専用のため展示のみの駅であるが、寂れた雰囲気が歴史を感じさせる。

それでもまだ1時と時間は早いがとりあえず宿へ行ってみる。今回のホテルは高台の上に位置するため、急坂を上った所にある。市内と海が見下ろせる絶景である。オーナーは中国人らしく、我々が到着するや外まで出迎えに来てくれる。受付で名前を言うや否や “oh, yes” と調べることもなく手続を済ませることから宿泊客は少ないに違いない。部屋まで案内してくれてテレビのリモコンの使い方までご丁寧に説明。年齢は自分と大して変わらなさそうだが最近始めたのかやたらと低姿勢だった。

一服してからすぐ近くの Oamaru Public Gardens へ。すぐそばとは言え、さすがに激坂が控えているので車で行く。東西に細長く延びる公園内には小川が流れ、日本式の朱塗りの橋がかかっている。花の種類も豊富でこちらも小さなバラ園と温室が見られる。小川のほとりには色んな種類の鳥が集まり鳴き声が聞こえてくる。温室前で飼い猫が近寄ってきたので戯れる。小川に目をやると親アヒルに子供が9羽まとわりつくように後を追っているのが可愛らしい。しばらく観察していると向こう側からヴィクトリア朝の古い衣装をまとった一団がこちらへと歩いて来る。理由は定かではないが、イギリスの歴史ドラマに出てくるような装いである。ふと顔を上げると向こうの丘の頂上に自分たちのホテルがそびえている。それほど遠くはないがよく目立つ。

2時間ほどゆっくりと公園内を散策した後で店の連なる街の市街地へと移動。iSITEという全国の主要都市に設けられた公営の観光案内所でペンギンの時間をチェック。ついでに近くに見られるオアマルストーンを使った歴史的建築物を写真におさめる。Oamaruは近くで採れる良質の石灰石で有名で、国内各地の重要建築の建材供給源の役割も果たしている。小さな横断幕によると11月22日には VIctoria Heritage Celebrations という祭りが行われる。街全体が19世紀のVictoria朝時代に戻ったかのような雰囲気に染められるらしい。祭りを数日に控え、道理で昔風の服を着た人たちが歩いていたわけだ。近くをこれまた19世紀風の前輪が異様に大きな自転車に乗った男が過ぎてゆく。彼を追い越して激坂を上り展望地へとやってくる。市内と海岸線が見渡せる絶景ポイントだが風が強く肌寒かった。

更に南へと向かうとYellow Eyed Penguin Colonies (営巣地)が現れる。車を停めて崖の方へ歩いて行くとペンギンを一目見ようと集まった人々が今か今かとペンギンの帰宅を待っている。自分たちがやって来たのが iSITEで案内された6時。それから待つこと30分。野鳥の会の会員らしき双眼鏡をぶら下げたおじさんが「白い木の切り株のそばに一羽歩いてゆくのが見えるよ」と皆に教えながら歩いてゆく。目を凝らしてみると確かに小さなペンギンがよちよちと歩いているのが見える。が、かなり遠いので点のようにしか見えない。その後10分してもう一羽、もう10分でもう一羽、という具合に一羽ずつ、それもかなり遠くを歩いてゆく。一応見ることはできたのでそろそろ行こうかと元来た道を戻る途中、他の客達が崖地に生えた草むらの中にペンギンを発見した様子。このイエロー・アイド・ペンギンは警戒心が強く、音には敏感らしいので、皆息を殺してその姿を一目見ようと覗き込んでいる。人の少ない場所まで歩いたところで下を覗き込むと小さなペンギンが立ち止まり、手を振るような仕草をしているのを発見。写真におさめる。ペンギンのみならず、入り口付近の牧草地で飼われた羊や牛の姿も見られ、色んな動物に親しむことができた。Bushy Beachと呼ばれる海岸の景色もきれいだ。

ホテルの駐車場に他の車がないことからやっぱり客はウチだけの模様。廊下が広く研修所のようなこの宿に人が少ないのはシーズオフのせいなのだろうか?それとも場所が高台すぎるのか?折角見晴らしのいい位置にあるのでもう少し客が多くても良さそうなものだが。